コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

永瀬七郎右衛門(初代) ながせ しちろうえもん

2件 の用語解説(永瀬七郎右衛門(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

永瀬七郎右衛門(初代) ながせ-しちろうえもん

?-1656 江戸時代前期の商人。
父と同様に大坂城出入りの材木御用を命じられる。大坂の陣に際し徳川方について活躍。寛永4年大坂三郷の北組惣年寄となり糸割符(わっぷ)年寄をかねた。西横堀を開削し,その一帯は七郎右衛門町と称された。明暦2年2月9日死去。名は直寿(金)。屋号は木屋。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

永瀬七郎右衛門(初代)

没年:明暦2(1656)
生年:生年不詳
江戸時代大坂商人。屋号は木屋。業祖はもと肥後国の浪人であったが,天正年間(1573~92)に大坂に移住し,材木商を営み,大坂城出入りの町人として市中開発に協力。七郎右衛門(初代)はその子で木屋を号す。大坂の陣のさい徳川方にくみし,徳川秀忠にお目見えの栄を得た。大坂が天領として大坂町奉行支配下に組み入れられると,寛永4(1627)年大坂三郷の北組惣年寄に任ぜられた。 その後代々町政に当たり,同時に糸割符年寄として糸割符商人を取り締まり,長崎に下って白糸輸入事務にも関与した。木屋は町開発にも貢献し,その開削した堀川は七郎右衛門堀と称されたが,東横堀開削後は西横堀と改称された。西横堀一帯はその開発の功により七郎右衛門町と称された。享保6(1721)年から木屋を永瀬と改めた。大坂の代表的初期門閥町人のひとつである。<参考文献>「三郷惣年寄家筋書」(『大阪市史』第5),宮本又次『大阪商人』

(宮本又郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

永瀬七郎右衛門(初代)の関連キーワード伊勢商人五箇所商人茨木屋幸斎大村彦太郎(初代)加島屋清兵衛庄六鷹見右近右衛門殿村平右衛門(初代)野村屋甚兵衛倭和多守

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone