コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

江渡狄嶺 えとてきれい

百科事典マイペディアの解説

江渡狄嶺【えとてきれい】

思想家。本名幸三郎。青森県五戸の人。東大で法律・政治を学び,聖書,トルストイクロポトキンに心酔。1910年東京世田谷に百性愛道場を開き,小作農となる。1924年物理と数学をヒントに〈場〉の思想体系をたて,〈百姓はかく考う〉をテーマに郷里や長野で講演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

江渡狄嶺 えと-てきれい

1880-1944 明治-昭和時代前期の思想家。
明治13年11月13日生まれ。受洗後の明治44年徳冨蘆花(とくとみ-ろか)らの世話で東京世田谷に百姓愛道場をひらき,のち上高井戸にうつり農業をいとなむ。晩年独自の「場」という思想の研究普及につとめた。昭和19年12月15日死去。65歳。青森県出身。東京帝大中退。本名は幸三郎。著作に「或る百姓の家」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

江渡狄嶺
えとてきれい
(1880―1944)

農民思想家。本名幸三郎。青森県三戸(さんのへ)郡五戸(ごのへ)村(現、五戸町)に生まれる。東京帝国大学法律学科入学、学生結婚をして中退。1911年(明治44)年徳冨蘆花(とくとみろか)の世話で東京・世田谷で農業を始め、自宅を百性愛(ひゃくせいあい)道場と名づけた。2年後上高井戸(かみたかいど)(杉並区)に移り、終生ここで農業を営み、読書と思索に専念した。青年期には聖書、トルストイやクロポトキンに傾倒、中年以後は仏教にひかれ、とくに道元(どうげん)に帰依(きえ)し、各地で『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』などを講義し、また自作の『農乗嘱文(のうじょうしょくぶん)』などを披講(ひこう)した。晩年は「場(ば)」探究に精進した。生涯を通じての求道者・説教者であり、農本思想者の代表の一人であった。[大西伍一]
『『江渡狄嶺選集』上下(1979・家の光協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

江渡狄嶺の関連キーワード江渡 狄嶺和合 恒男大塚 甲山和合恒男売文社