五戸町(読み)ごのへ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五戸〔町〕
ごのへ

青森県南東部にある町。 1915年町制。 1955年川内,浅田の2村と合体。 2004年7月倉石村を編入江戸時代盛岡藩に属し,15ヵ村1万 3000石を統轄する代官所が設置され,奥州街道宿場町であった。町域は五戸川沿いに三本木原の台地南部一帯を占め,米,リンゴ,ナタネ,タバコ,豆類,野菜などを主産物とする農業が行なわれる。八戸地区新産業都市建設計画に伴い,工業団地が建設された。国道4号線が通る。面積 177.67km2。人口 1万7433(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五戸町の関連情報