池島信平(読み)いけじま しんぺい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池島信平 いけじま-しんぺい

1909-1973 昭和時代の編集者。
明治42年12月22日生まれ。昭和8年文芸春秋社にはいり,「話」の編集に従事,15年「現地報告」の編集長。21年文芸春秋新社の創立に参加し「文芸春秋」編集長となり,ノンフィクションを活用して部数をのばした。41年社長。昭和48年2月13日死去。63歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「編集者の発言」「歴史好き」など。
【格言など】人間こそ汲めどもつきざる宝庫

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いけじましんぺい【池島信平】

1909‐73(明治42‐昭和48)
編集者。東京に生まれる。1933年東京帝国大学西洋史学科を卒業,最初の公募社員として文芸春秋社に入社。《話》《文芸春秋》などの編集に携わる。敗戦後,菊池寛の手を離れた同社の再建に尽力。佐佐木茂索を社長に推し,自らは編集長として活躍。ルポルタージュ,人物論,戦記ものなどを中心とするいわゆる文春スタイルの雑誌をつくり上げ,その読者層を飛躍的に拡大させた。66年から没年まで社長をつとめた。【海老原 光義】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池島信平の関連情報