コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池島信平 いけじま しんぺい

2件 の用語解説(池島信平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池島信平 いけじま-しんぺい

1909-1973 昭和時代の編集者。
明治42年12月22日生まれ。昭和8年文芸春秋社にはいり,「話」の編集に従事,15年「現地報告」の編集長。21年文芸春秋新社の創立に参加し「文芸春秋」編集長となり,ノンフィクションを活用して部数をのばした。41年社長。昭和48年2月13日死去。63歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「編集者の発言」「歴史好き」など。
【格言など】人間こそ汲めどもつきざる宝庫

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

いけじましんぺい【池島信平】

1909‐73(明治42‐昭和48)
編集者。東京に生まれる。1933年東京帝国大学西洋史学科を卒業,最初の公募社員として文芸春秋社に入社。《話》《文芸春秋》などの編集に携わる。敗戦後,菊池寛の手を離れた同社の再建に尽力。佐佐木茂索を社長に推し,自らは編集長として活躍。ルポルタージュ,人物論,戦記ものなどを中心とするいわゆる文春スタイルの雑誌をつくり上げ,その読者層を飛躍的に拡大させた。66年から没年まで社長をつとめた。【海老原 光義】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

池島信平の関連キーワードやなせたかし北海道新幹線今官一安藤俊雄加藤知世子深尾茂本間唯一村田潔山崎景則米原昶

池島信平の関連情報