コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田弥三郎 いけだやさぶろう

3件 の用語解説(池田弥三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田弥三郎
いけだやさぶろう

[生]1914.12.21. 東京
[没]1982.7.5. 東京
国文学者。実家は銀座のてんぷら屋「天金」を経営,本人も粋人だった。 1937年慶應義塾大学国文学科を卒業し,大学院に進む。5年間の兵役ののち,47年に慶大文学部講師,51年助教授,60~80年教授。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田弥三郎 いけだ-やさぶろう

1914-1982 昭和時代の国文学者。
大正3年12月21日生まれ。池田大伍の甥(おい)。慶大で折口信夫(おりくち-しのぶ)に師事し,折口学を継承,展開する。昭和36年慶大教授。随筆,話術でも知られ,NHK解説委員,横綱審議会委員をつとめた。昭和57年7月5日死去。67歳。東京出身。著作に「まれびとの座」「日本芸能伝承論」など。
【格言など】うまい・まずいを言える人が,誰でもみんな,うまい・まずいについて書ける人だとは言えない(「食前食後」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田弥三郎
いけだやさぶろう
(1914―1982)

国文学者。東京に生まれる。慶応義塾大学文学部国文学科在学中から折口信夫(おりくちしのぶ)の指導を受け、地方の民俗や芸能調査の旅をした。5年間の軍隊生活ののち、1947年(昭和22)から慶応義塾大学講師、1961年教授となり、定年まで勤続した。その研究は日本文学、民俗学、芸能史などにわたり、折口信夫の開いた学風を継承し、祖述しつつ、独自の研究業績を示した。研究のほかに随筆をよくし、NHKの解説を担当し、多趣味で多方面に活動の分野をもった。1980年(昭和55)慶大を退いてのち、富山県の洗足学園魚津短大(2002年廃止)の教授となった。慶大名誉教授。文学博士。主著『文学と民俗学』『日本芸能伝承論』などのほか、回想記『まれびとの座』など多数の著作がある。[岡野弘彦]
『『池田弥三郎著作集』全10巻(1979~1980・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

池田弥三郎の関連キーワード麻生磯次岩城準太郎小島憲之斎藤清衛高崎正秀千田九一野村八良松田修山口剛湯地孝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

池田弥三郎の関連情報