コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

池田弥三郎 いけだやさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

池田弥三郎
いけだやさぶろう

[生]1914.12.21. 東京
[没]1982.7.5. 東京
国文学者。実家は銀座のてんぷら屋「天金」を経営,本人も粋人だった。 1937年慶應義塾大学国文学科を卒業し,大学院に進む。5年間の兵役ののち,47年に慶大文学部講師,51年助教授,60~80年教授。在学中から折口信夫に師事し,のちに『折口信夫全集』などを編集。恩師の学問を継承するとともに日本文学民俗学,芸能史の研究を通じ,独自の学風を開いた。『文学と民俗学』 (56) ,『日本人の芸能』 (57) ,『日本芸能伝承論』 (62) など多数の論著に加え,随筆もよくした。 NHKで文化ニュースの解説委員,放送用語委員,国語審議会委員など幅広く活動。タレント教授として親しまれる一方で,学園紛争では学生と論争する硬骨の面もあった。 80年に芸術選奨を受賞。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

池田弥三郎 いけだ-やさぶろう

1914-1982 昭和時代の国文学者。
大正3年12月21日生まれ。池田大伍の甥(おい)。慶大で折口信夫(おりくち-しのぶ)に師事し,折口学を継承,展開する。昭和36年慶大教授。随筆,話術でも知られ,NHK解説委員,横綱審議会委員をつとめた。昭和57年7月5日死去。67歳。東京出身。著作に「まれびとの座」「日本芸能伝承論」など。
【格言など】うまい・まずいを言える人が,誰でもみんな,うまい・まずいについて書ける人だとは言えない(「食前食後」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

池田弥三郎
いけだやさぶろう
(1914―1982)

国文学者。東京に生まれる。慶応義塾大学文学部国文学科在学中から折口信夫(おりくちしのぶ)の指導を受け、地方の民俗や芸能調査の旅をした。5年間の軍隊生活ののち、1947年(昭和22)から慶応義塾大学講師、1961年教授となり、定年まで勤続した。その研究は日本文学、民俗学、芸能史などにわたり、折口信夫の開いた学風を継承し、祖述しつつ、独自の研究業績を示した。研究のほかに随筆をよくし、NHKの解説を担当し、多趣味で多方面に活動の分野をもった。1980年(昭和55)慶大を退いてのち、富山県の洗足学園魚津短大(2002年廃止)の教授となった。慶大名誉教授。文学博士。主著『文学と民俗学』『日本芸能伝承論』などのほか、回想記『まれびとの座』など多数の著作がある。[岡野弘彦]
『『池田弥三郎著作集』全10巻(1979~1980・角川書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

池田弥三郎の関連キーワード12月21日根岸 登喜子古代歌謡岡野弘彦池田大伍井筒俊彦

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

池田弥三郎の関連情報