沈殿池(読み)ちんでんち(英語表記)sedimentation basin

日本大百科全書(ニッポニカ)「沈殿池」の解説

沈殿池
ちんでんち
sedimentation basin

水よりも密度の大きな物体(粒子など)は重力の作用を受けて水中で沈降する。そのような物質(固体)を水(液体)から分離する目的で設けたを沈殿池という。長方形または円形で、一端から原液を流入させ、他方の水面から清澄液を、また底部から沈殿物を取り出す。沈殿池の内部には水流を整え沈殿効率を高める整流装置、沈殿物の濃厚化と排出とを容易にする排泥装置、沈降速度を速める凝集装置などを設ける。用排水処理、化学工業、窯業、鉱業などの施設の一部として広く用いられている。

[小林三樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「沈殿池」の解説

沈殿池
ちんでんち
settling pond

鉱業廃水工場廃水微粒固形物を含む場合,それを沈降させて水を清澄化する役目を果す池。清澄化された水は用水として再使用するか河川へ放流する。沈殿池は沈殿物を運び出す都合上,底を水平にしセメントモルタル張りとするのが普通である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「沈殿池」の解説

ちんでん‐ち【沈殿池】

浄水場などで、水中の浮遊物を沈殿させるための池。自然に行う普通沈殿池と、薬品沈殿池がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ツール・ド・フランス

フランスを舞台にした国際的規模のロードレース (→自転車競技 ) 。 1903年,フランス人の自転車選手兼ジャーナリストのアンリ・デグランジュが創設。以来,2度の世界大戦時以外は毎年開催されており,フ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android