コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沈殿池 ちんでんち settling pond

4件 の用語解説(沈殿池の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沈殿池
ちんでんち
settling pond

鉱業廃水や工場廃水に微粒の固形物を含む場合,それを沈降させて水を清澄化する役目を果す池。清澄化された水は用水として再使用するか河川へ放流する。沈殿池は沈殿物を運び出す都合上,底を水平にしセメントモルタル張りとするのが普通である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ちんでん‐ち【沈殿池】

浄水場などで、水中の浮遊物を沈殿させるための池。自然に行う普通沈殿池と、薬品沈殿池がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ちんでんち【沈殿池】

浄水場で、水中の土・砂・浮遊物などを沈殿させ、きれいな水を得るための池。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沈殿池
ちんでんち
sedimentation basin

水よりも密度の大きな物体(粒子など)は重力の作用を受けて水中で沈降する。そのような物質(固体)を水(液体)から分離する目的で設けた池を沈殿池という。長方形または円形で、一端から原液を流入させ、他方の水面から清澄液を、また底部から沈殿物を取り出す。沈殿池の内部には水流を整え沈殿効率を高める整流装置、沈殿物の濃厚化と排出とを容易にする排泥装置、沈降速度を速める凝集装置などを設ける。用排水処理化学工業、窯業、鉱業などの施設の一部として広く用いられている。[小林三樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

沈殿池の関連キーワード廃水毒水工場廃水可溶性固形物曝気酸化池法ヘドロ水俣病公式確認鉱業廃水産業廃水製糸廃水

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沈殿池の関連情報