コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国頭村 くにがみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

国頭〔村〕
くにがみ

沖縄県沖縄島最北端の村。村名は琉球王国(→琉球)で用いられた行政区画,間切(まぎり)の名に由来する。沖縄島最高峰の与那覇岳(503m)をはじめ,西銘岳,照首岳,伊湯岳など 400m前後の山々が連なる。中心地区は西海岸辺土名。耕地は少なく,段々畑が海に迫る山腹に分布。養豚,サトウキビや花卉の栽培などが行なわれる。1964年に陸の孤島といわれた東海岸に道路が開通し,全島一周道路が完成。比地大滝,沖縄島最北端の辺戸岬奥間ビーチ,謝敷(しゃしき)のサンゴ礁海岸などの景勝地がある。与那覇岳頂上付近は国の天然保護区域に指定され,世界的な珍鳥ノグチゲラ(国の特別天然記念物),ヤンバルクイナ(国の天然記念物)が生息する。ほかに国の天然記念物「安波のタナガーグムイの植物群落」,国指定史跡宇佐浜遺跡,国の重要無形民俗文化財に安田のシヌグがある。村域の多くがやんばる国立公園に,西海岸が沖縄海岸国定公園に属する。国道58号線が通る。面積 194.8km2。人口 4908(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

国頭村の関連キーワード沖縄やんばる海水揚水発電所沖縄県国頭郡国頭村辺土名沖縄県国頭郡国頭村辺野喜沖縄県国頭郡国頭村宜名真沖縄県国頭郡国頭村桃原沖縄県国頭郡国頭村楚洲沖縄県国頭郡国頭村謝敷沖縄県国頭郡国頭村比地沖縄県国頭郡国頭村与那沖縄県国頭郡国頭村辺戸沖縄県国頭郡国頭村奥間沖縄県国頭郡国頭村佐手沖縄県国頭郡国頭村半地沖縄県国頭郡国頭村伊地沖縄県国頭郡国頭村鏡地沖縄県国頭郡国頭村安波沖縄県国頭郡国頭村安田沖縄県国頭郡国頭村宇嘉沖縄県国頭郡国頭村宇良沖縄県国頭郡国頭村奥

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

国頭村の関連情報