コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

残波岬 ざんぱみさき

4件 の用語解説(残波岬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

残波岬
ざんぱみさき

沖縄県沖縄島中部,読谷村(よみたんそん)の東シナ海に突出する岬。琉球石灰岩の台地で,南に緩傾斜し,北に絶壁の海食崖をつくる。恩納岳(おんなだけ。363m),読谷岳(約200m)の山並みを背景に,雄大な眺望をもち,岬は公園となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ざんぱ‐みさき【残波岬】

沖縄県、沖縄本島中部にある岬。中頭(なかがみ)郡読谷(よみたん)村に属し、東シナ海に突出する。北側に高さ約30メートルの琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる断崖が1キロメートル続く。近くの残波ビーチ座喜味(ざきみ)城跡とともに観光地。岬付近は魚類が豊富で好い釣り場。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔沖縄県〕残波岬(ざんぱみさき)


沖縄島中部の西海岸にある岬。標高10~40mの海食台(かいしょくだい)が東シナ海に突き出る。残波岬灯台がある。海食洞から海水を吹き上げる「潮吹き」の奇勝で知られ、第二次大戦前から沖縄有数の観光地となった。沖縄戦初期の激戦地の一つで、戦後はアメリカ軍射撃場となったが、返還後は残波岬総合公園が整備された。磯釣(いそづ)り・海水浴などでにぎわう。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

残波岬
ざんぱみさき

沖縄県、沖縄本島中部の読谷(よみたん)村にあり、東シナ海に面する岬。古来から那覇港に出入りする船はこの岬を境にして方向を転ずる。岬一帯は琉球(りゅうきゅう)石灰岩からなる断崖(だんがい)で、沖縄有数の釣り場となり、晴天時には慶良間(けらま)列島や粟国(あぐに)島、渡名喜(となき)島が眺望できる。近在のサンゴ礁や座喜味(ざきみ)城跡とともに観光地となっており、灯台が設置されている。[目崎茂和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

残波岬の関連キーワード金武湾与勝半島万座毛谷茶前節名護西海岸与那原[町]沖縄県国頭郡恩納村大宜味[村]恩納[村]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

残波岬の関連情報