コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

真昼山地 まひるさんち

5件 の用語解説(真昼山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

真昼山地
まひるさんち

岩手,秋田県境の中央部分,奥羽山脈の一部をなす断層山地。山地の中心は真昼岳 (1060m) 。北から和賀岳 (1440m) ,薬師岳 (1218m) ,鹿子ノ山 (しかこのやま。 938m) ,真昼岳などが連なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まひる‐さんち【真昼山地】

岩手県中西部、秋田県にまたがる山地。標高1000メートル級の山々が連なり、真昼岳(標高1060メートル)が主峰で、和賀岳(標高1440メートル)が最高峰

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まひるさんち【真昼山地】

秋田・岩手県境にあり,奥羽山脈の一部をなす山地。北に駒ヶ岳,南に栗駒山などの火山があり,その間をほぼ南北に約50kmにわたって連なる。地質は中部中新統の砂岩,ケツ岩,凝灰岩と,玄武岩安山岩などからなり,奥羽山脈にあっては神室(かむろ)山地,川桁(かわげた)山地などとともに非火山性山地である。北半部は真昼岳(1060m),和賀岳(1440m),薬師岳(1218m),鹿ノ子山(938m)などからなり,東縁を和賀川の断層谷,西縁を真昼岳断層崖によりそれぞれ画される典型的な地塁山地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔岩手県(秋田県)〕真昼山地(まひるさんち)


岩手・秋田両県境をなす山地で、奥羽(おうう)山脈の一部を占める。南北約45km。横手盆地と北上盆地の分水界で、東縁を和賀(わが)川断層、西縁を真昼岳断層に挟まれた、非火山性の地塁山地。最高峰の和賀岳(標高1440m)はじめ真昼岳(同1060m)などからなる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

真昼山地
まひるさんち

岩手・秋田県境にあり、奥羽山脈の一部をなす非火山性山地。北の仙岩(せんがん)峠(894メートル)から南の白木(しらき)峠(602メートル)間にモッコ岳(1278メートル)、和賀岳(1439メートル)、薬師岳(1214メートル)、真昼岳(1059メートル)などの山々が連なる。第三紀層の砂岩、泥板岩、凝灰岩などからなり、火山岩や花崗(かこう)岩の小露頭も散見される。
 1896年(明治29)8月31日、真昼岳付近を震源地とする陸羽地震(マグニチュード7.5)により、岩手県側に和賀川断層、秋田県側に真昼岳断層が生じた。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

真昼山地の関連キーワード雫石川花輪線和賀岳奥羽奥清水太陽の花矢巾[町]岩手県和賀郡西和賀町岩手県二戸市秋田県雄勝郡東成瀬村

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

真昼山地の関連情報