コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和賀川 わがかわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

和賀川
わがかわ

岩手県南西部,和賀岳より発し,南流して沢内盆地をつくり,西和賀町川尻付近から東流して北上川に注ぐ川。全長 75km。流域は深いV字谷を刻み,数列の河岸段丘を形成。 1965年北上川水系の多目的ダムの一つ湯田ダム (錦秋湖) が完成,ダム建設によって多くの民家,公共施設が水没した。和賀川の渓流,湯田ダムの湖水美に加え,湯本温泉湯川温泉などは湯田温泉峡県立自然公園に属する。和賀川と支流の鬼ヶ瀬川に沿って JR北上線,秋田自動車道,国道 107号線が通る。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わがかわ【和賀川】

岩手県南西部を流れる北上川の支流。全長約80km。奥羽山脈に属する和賀岳東麓に源を発し,真昼山地東麓の川舟断層に沿って南流し,湯田町川尻で鬼ヶ瀬川を合わせて東流し,黒沢尻付近で北上川に注ぐ。上流から中流にかけては有数の豪雪地帯で,川沿いの国道107号線はしばしば雪崩によって閉鎖される。1965年中流部の大荒沢に多目的の湯田ダムが完成し,三つの発電所が操業するほか,錦秋湖(人造湖)と湯本温泉湯川温泉を結んだ観光開発が進められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和賀川
わがかわ

岩手県西部を南下し、さらに東流して北上川に注ぐ川。延長75.3キロメートル。岩手・秋田県境の真昼(まひる)山地和賀岳(1439メートル)に発し、北上市和賀地区に入って当楽(あてらく)の渓谷をつくり、北本内(きたほんない)川、尻平(しったい)川、夏油(げとう)川をあわせ、市南部で北上川に合流する。1965年(昭和40)中流に洪水調節、発電、灌漑(かんがい)用の湯田ダムと錦秋(きんしゅう)湖がつくられた。上流のV字谷の岩場にはイワナ、ヤマメなどが生息する。[金野一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

和賀川の関連情報