コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

治定 ジジョウ

デジタル大辞泉の解説

じ‐じょう〔ヂヂヤウ〕【治定】

[名・形動](スル)
決定すること。落ち着くこと。〈和英語林集成
「連歌はなほ上手になりてのちも善悪をひしと―する事はかたし」〈連理秘抄
きまりきっていること。また、そのさま。必定(ひつじょう)。
「それがしは、君を御代に出だし申すぞ。―なり」〈狂言記・七騎落〉
連歌・俳諧で、推敲の結果、句形が決定すること。また、切れ字により1句の表現を完結すること。
「『や』と言ふ文字は―の切れ字」〈伎・名歌徳〉
[副]必ず。きっと。
「今日の軍(いくさ)には―勝つべきいはれ候」〈太平記・一〇〉

じ‐てい〔ヂ‐〕【治定】

《「ちてい」とも》国などをおさめ安定させること。世の中がおさまり安定すること。

ち‐じょう〔‐ヂヤウ〕【治定】

じじょう(治定)

ち‐てい【治定】

じてい(治定)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じじょう【治定】

[0] ( 名 ) スル
決定的であること。必然的であること。 「それがし退去の事関東に聞えなば、破綻生ぜんこと-なる/桐一葉 逍遥
決まること。定まること。 「罪科-のほど、しばらく預けおかれんこと何の苦しみかあるべき/盛衰記 6
連歌・俳諧の助辞の用法で、意味・内容を断定するもの。 「『や』は-嘆息の『や』なり/去来抄」
( 副 )
きっと。必ず。 「今日の軍には-勝つべきいはれ候/太平記 10

じてい【治定】

〔「ちてい」とも〕
国をおさめさだめること。国がおさまりさだまること。 → じじょう(治定)

ちじょう【治定】

ちてい【治定】

( 名 ) スル

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

治定の関連キーワード上石津ミサンザイ古墳岡ミサンザイ古墳太田茶臼山古墳佐紀石塚山古墳誉田御廟山古墳佐紀陵山古墳田出井山古墳山田高塚古墳軽里大塚古墳野口王墓古墳渋谷向山古墳昭憲皇太后日葉酢媛陵大仙陵古墳市ノ山古墳仲津山古墳宝来山古墳五社神古墳行燈山古墳持統天皇

治定の関連情報