沼南(読み)しょうなん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

沼南
しょうなん

千葉県北西部,手賀沼南岸の下総台地にある柏市東部の旧町域。 1955年手賀村,風早 (かざはや) 村の2村が合体し沼南村となり,1964年町制。 2005年市に編入。京浜向けの野菜を栽培する純農村地域であったが,首都外郭環状線の国道 16号線の整備に伴い,住宅地工業団地の開発が進んでいる。手賀沼周辺一帯は印旛手賀県立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沼南
しょうなん

千葉県北西部、東葛飾(ひがしかつしか)郡にあった旧町名(沼南町(まち))。現在は柏(かしわ)市の東部を占める地域。下総(しもうさ)台地と手賀沼南岸の低地にある。旧沼南町は1964年(昭和39)町制施行。2005年(平成17)柏市に編入。地名は手賀沼の南にあることによる。国道16号が町域を通るほか、南西端に東武鉄道野田線が通じる。古代、印波国造(いんばくにのみやつこ)が置かれ、古墳が多い。江戸時代は幕府の直轄地で、手賀沼の干拓が進展した。この干拓は第二次世界大戦後に国営干拓事業に引き継がれ、1968年に完成した。台地上は近郊野菜の生産地、工業団地、住宅用地として利用され、海上自衛隊下総航空基地もある。手賀沼には釣り客が多く、神明(しんめい)社の秋祭では郷土色豊かな「十二座神楽(かぐら)」が舞われる。[山村順次]
『『沼南町史1』(1979・沼南町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

沼南の関連情報