コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沼隈[町] ぬまくま

百科事典マイペディアの解説

沼隈[町]【ぬまくま】

広島県南東部,沼隈半島南部の沼隈郡の旧町。主集落は草深(くさぶか)。イグサ栽培が盛んで備後表(びんごおもて)生産の本場。ブドウミカンも産し,造船業も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぬまくま【沼隈[町]】

広島県南東部,沼隈郡の町。人口1万3238(1995)。沼隈半島南部に位置し,南は瀬戸内海に臨む。古くからイグサの栽培が行われ,備後表として出荷される。八日谷地区を中心とする丘陵地ではブドウ,南部沿岸ではミカン栽培が行われ,シイタケ花卉も栽培される。常石では常石造船を中心とする造船業が行われ,関連企業が立地する。南東部の阿伏兎(あぶと)岬は,瀬戸内海の景勝地で阿伏兎観音がある。中山南(なかさんな)の光照寺は中世,真宗の西国布教の拠点であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

沼隈[町]の関連キーワード阿伏兎岬阿伏兎

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android