コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

法華曼荼羅 ホッケマンダラ

大辞林 第三版の解説

ほっけまんだら【法華曼荼羅】

釈迦が霊鷲山で「法華経」を説く会座を描いた画像。
日蓮宗で、中央に南無妙法蓮華経と書き、その周囲に諸仏の名を書き記したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の法華曼荼羅の言及

【変相図】より

…あえて密教の曼荼羅と区別するために曼陀羅と表記される場合もある。当麻曼荼羅をはじめ,九品曼荼羅,浄土曼荼羅,迎摂曼荼羅など各種の浄土変のほか,法華経変相の法華(経)曼荼羅など,日本でも変相図を絵解きすることが行われた。さらに中世以降,六道絵や聖徳太子絵伝などの絵解きが広く行われ,口唱文学や説話文学と関係し,一部は芸能とも連関をもって後世に大きな影響を与えた。…

※「法華曼荼羅」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

法華曼荼羅の関連キーワード松尾寺(まつのおでら 京都府)横蔵寺(よこくらじ)南無妙法蓮華経日蓮宗真仏房霊鷲山声聞諸仏釈迦