コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泥の河

2件 の用語解説(泥の河の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

泥の河

1981年公開の日本映画。監督:小栗康平、原作:宮本輝、脚本:重森孝子、撮影:安藤庄平。出演:田村高廣藤田弓子、朝原靖貴、加賀まりこ、柴田真生子、桜井稔、初音礼子ほか。第55回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第5回日本アカデミー賞最優秀監督賞受賞。第36回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、男優演技賞(田村高廣)ほか受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

泥の河
どろのかわ

日本映画。1981年(昭和56)作品。原作は宮本輝(みやもとてる)。浦山桐郎の助監督をしていた小栗康平(おぐりこうへい)の初監督作品。製作木村プロダクション。1956年(昭和31)、大阪の河辺の食堂の息子、信雄は荷車から鉄屑(てつくず)を盗もうとしていた少年、喜一に出会う。喜一は対岸に係留している舟に住んでおり、そこには姉の銀子もいる。彼らを食堂に招き、父や母とも交流するようになるが、あるとき、信雄は舟で喜一の母が客をとるところをのぞいてしまう。翌日、舟は去ってゆく。まだ戦争の記憶があり、軍需景気に沸く昭和30年代の庶民の生活と哀感を、繊細かつ残酷に描き出す。映画は寡黙な信雄の視点で、子どもや大人たちの世界をみせる。どこか大人びた優しい姉、唐突に軍歌「戦友」を歌う喜一、父の別れた元妻のお見舞い、舟の上で蟹(かに)に火をつける遊び、喜一の母の秘密、禁忌(きんき)の廓舟(くるわぶね)。信雄は世界の複雑さを知り始める。安藤庄平(あんどうしょうへい)(1933―2011)の撮影がみずみずしい。田村高廣(たむらたかひろ)(1928―2006)(父)、藤田弓子(ふじたゆみこ)(1945― )(母)、加賀まりこ(かがまりこ)(1943― )(喜一の母)が脇を固めている。白黒・スタンダード。キネマ旬報ベスト・テン第1位。[坂尻昌平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

泥の河の関連キーワード小栗首の座誘拐OUT死の棘白い手スパイ・ゾルゲ手をつなぐ子ら眠る男不毛地帯

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泥の河の関連情報