泥の河(読み)どろのかわ

日本大百科全書(ニッポニカ)「泥の河」の解説

泥の河
どろのかわ

日本映画。1981年(昭和56)作品。原作宮本輝(みやもとてる)。浦山桐郎の助監督をしていた小栗康平(おぐりこうへい)の初監督作品。製作木村プロダクション。1956年(昭和31)、大阪の河辺の食堂の息子、信雄は荷車から鉄屑(てつくず)を盗もうとしていた少年、喜一に出会う。喜一は対岸に係留している舟に住んでおり、そこには姉の銀子もいる。彼らを食堂に招き、父や母とも交流するようになるが、あるとき、信雄は舟で喜一の母が客をとるところをのぞいてしまう。翌日、舟は去ってゆく。まだ戦争の記憶があり、軍需景気に沸く昭和30年代の庶民の生活と哀感を、繊細かつ残酷に描き出す。映画は寡黙な信雄の視点で、子どもや大人たちの世界をみせる。どこか大人びた優しい姉、唐突に軍歌「戦友」を歌う喜一、父の別れた元妻のお見舞い、舟の上で蟹(かに)に火をつける遊び、喜一の母の秘密、禁忌(きんき)の廓舟(くるわぶね)。信雄は世界の複雑さを知り始める。安藤庄平(あんどうしょうへい)(1933―2011)の撮影がみずみずしい。田村高廣(たむらたかひろ)(1928―2006)(父)、藤田弓子(ふじたゆみこ)(1945― )(母)、加賀まりこ(かがまりこ)(1943― )(喜一の母)が脇を固めている。白黒・スタンダード。キネマ旬報ベスト・テン第1位。

[坂尻昌平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス「泥の河」の解説

泥の河

1981年公開の日本映画。監督:小栗康平、原作:宮本輝、脚本重森孝子、撮影:安藤庄平。出演:田村高廣、藤田弓子、朝原靖貴、加賀まりこ、柴田真生子、桜井稔、初音礼子ほか。第55回キネマ旬報ベスト・テンの日本映画ベスト・ワン作品。第5回日本アカデミー賞最優秀監督賞受賞。第36回毎日映画コンクール日本映画大賞、監督賞、男優演技賞(田村高廣)ほか受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「泥の河」の解説

どろのかわ〔どろのかは〕【泥の河】

宮本輝の小説。昭和30年代の大阪の、二つの川が合流し安治川となる地域を舞台に、少年信雄と周囲の人々の関わりを描く。「文芸展望」誌の昭和52年(1977)7月号に発表。第13回太宰治賞を受賞。「蛍川」「道頓堀川」とあわせ三部作をなす。小栗康平監督により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android