コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

泰範 たいはん

3件 の用語解説(泰範の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

泰範
たいはん

平安時代の真言宗の僧。初め最澄のもとで天台を学び,のち高雄山で空海から灌頂を受けた。空海を援助して高野山開創のために努めた空海門下四哲の一人。承和4 (837) 年,東寺定額僧のうちに加わっているが,その後の伝記はつまびらかでない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

泰範 たいはん

778-? 平安時代前期の僧。
宝亀(ほうき)9年生まれ。真言宗。大和(奈良県)元興(がんごう)寺で得度し,比叡(ひえい)山の最澄に天台をまなぶ。弘仁(こうにん)3年(812)最澄とともに空海から灌頂(かんじょう)をうけ,最澄の帰山のすすめにしたがわず空海に師事。その四大弟子のひとりとして高野山の開創にも尽力した。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

泰範

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:宝亀9(778)
平安前期の真言宗の僧。空海十大弟子あるいは四哲のひとりで,空海,最澄との関係が有名。近江(滋賀県)出身か。法相宗の牙城元興寺で出家したが,法華思想を奉ずる最澄に師事し,大同5(810)年には延暦寺の寺規策定にあずかるほど信頼を得た。弘仁3(812)年高雄山寺(神護寺)で最澄らと共に空海から密教灌頂を受け,以後,泰範は空海に従い比叡山には戻らなかった。弘仁7年の高野山開創時の活躍以外,目立った活動は伝わらず,承和4(837)年4月,実慧が東寺定額僧を上申した折,60歳で首位の旨を最後に消息を絶つ。空海と最澄の交流と背離にかかわっていたため,泰範の行動は古来より注目を集め,その原因をめぐり様々な憶測を生んできた。しかし泰範は空海と出会う前すでに最澄と距離を置いていた形跡があり,袂を分かつ真因は宗教観の相違にあったらしい。<参考文献>守山聖真編『文化史上より見たる弘法大師伝』,仲尾俊博「最澄と泰範」(『密教学』22号)

(正木晃)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の泰範の言及

【最澄】より

…最澄は,7歳年下の空海に辞を低くして,空海が持ちかえった多量の経典のうち,真言,悉曇(しつたん)(梵字),華厳(けごん)に関するものを借りうけ,あるいは書写して研究した。812年(弘仁3)の冬,弟子の泰範,円澄,光定(こうじよう)らを率いて高雄山寺におもむき,空海より灌頂(かんぢよう)を受けている。ところが,813年最澄が弟子を空海のもとに遣わし,真言に関する書籍を借りようとしたところ,空海は,最澄と自分との間に教学的な立場上こえることのできない溝のあることを述べ,最澄の懇請をきっぱりと拒絶し,二人の交情は急速に悪化し始めた。…

※「泰範」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

泰範の関連キーワード弘法大師理源大師瑜伽乗院亮深円明杲隣真境真紹智泉忠延道雄

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

泰範の関連情報