コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津具 つぐ

2件 の用語解説(津具の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津具
つぐ

愛知県北東部,設楽町北東部の旧村域。美濃三河高原にある。 1956年上津具村と下津具村が合体して津具村が成立。 2005年設楽町と合体。標高が高く,スギ,ヒノキの人工林が多い。古くから人が居住し,鞍船遺跡 (県指定史跡) には縄文時代前期の住居跡などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津具
つぐ

愛知県東部、北設楽(きたしたら)郡にあった旧村名(津具村(むら))。2005年(平成17)設楽町に合併、現在は同町の北東部を占める一地区。中央を大入(おおにゅう)川が東流する。標高は約700メートルの高原の村で、林業のほか、高原トマト、シクラメンの栽培も行われている。津具高原は天竜奥三河国定公園に含まれ、アウトドアパークの「つぐ高原グリーンパーク」がある。上(かみ)津具は江戸時代中馬(ちゅうま)街道といわれる伊那(いな)街道の宿場。東栄(とうえい)町、豊根(とよね)村とともに民俗芸能「花祭り」(重要無形民俗文化財)が伝承され、史跡も多い。津具民俗資料館は国指定の重要有形民俗文化財130点を含む山樵用具および加工品などを展示しており、近くに鞍船(くらふね)・大根平(おおねだいら)縄文遺跡(県指定史跡)がある。また、武田信玄(しんげん)が発見したという津具金山跡がある。[伊藤郷平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津具の関連情報