津梁(読み)シンリョウ

デジタル大辞泉の解説

しん‐りょう〔‐リヤウ〕【津×梁】

渡しと橋。また、渡し場の橋。
物事の橋渡しとなるもの。つて。手だて。
仏語仏徳の教えをたとえた語。衆生(しゅじょう)を救って彼岸に渡す意からいう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんりょう【津梁】

〔渡し場と橋の意から〕 人を導く手引きとなるもの。つて。
〘仏〙 〔衆生しゆじようを彼岸に導くことから〕 仏ほとけ。また、仏の教え。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐りょう ‥リャウ【津梁】

〘名〙
① 渡しと橋。または、渡し場の橋。梁津。〔管子‐五補〕
② 転じて、物事のはしわたしとなるもの。頼りとなるもの。みちびき。てびき。手段。つて。
※文華秀麗集(818)中・扈従梵釈寺〈藤原冬嗣〉「永劫津梁今自得、囂塵何処更相関」
※黒谷の上人(1911)〈植村正久〉「是れ軈て一種の価値断定にして信仰に進むの津梁なり」 〔魏書‐封軌伝〕
③ 仏語。仏または仏の教えをたとえた語。衆生を救って彼岸にいたらせるところからいう。
教行信証(1224)二「還来苦界津梁
※俳諧・鶉衣(1727‐79)後「津梁の大志あらば」 〔顔氏家訓‐帰心〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

津梁の関連情報