コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南濃 なんのう

2件 の用語解説(南濃の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南濃
なんのう

岐阜県南西部,海津市西部の旧町域。養老山地東麓にある。 1954年城山町と石津村,下多度村の2村が合体して南濃町が発足。 2005年海津町,平田町と合体して海津市となった。石津は揖斐川に注ぐ支流の扇状地にあり,付近で栽培されるミカンは南濃みかんとして有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南濃
なんのう

岐阜県南西部、海津(かいづ)郡にあった旧町名(南濃町(ちょう))。現在は海津市の西部を占める地域。1954年(昭和29)城山町と石津、下多度(しもたど)の2村が合併して南濃町と改称。2005年(平成17)海津町、平田町と合併して市制施行、海津市となる。旧町域は、養老山地の東斜面の扇状地、揖斐(いび)川沿いの低地にまたがる。低地では稲作、養老山地山麓(さんろく)の北部では富有(ふゆう)ガキ、南部ではミカンが栽培される。国道258号沿いに輸送機器、繊維などの工場などがある。養老鉄道などにより、名古屋・桑名方面への通勤者が多い。北部の庭田・羽沢(はざわ)貝塚(ともに縄文期、県指定史跡)が有名。また、明治につくられた砂防ダムである羽根谷砂防堰堤は1997年に国の登録有形文化財となっている。[上島正徳]
『『南濃町史』全2巻(1977、1982・南濃町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

南濃の関連情報