コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海野清 ウンノキヨシ

4件 の用語解説(海野清の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

うんの‐きよし【海野清】

[1884~1956]彫金家。東京の生まれ。東京芸大教授。勝珉(しょうみん)の子。日本の伝統技法に西洋の題材・造形を融合させて創作を行った。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海野清 うんの-きよし

1884-1956 大正-昭和時代の彫金家。
明治17年11月8日生まれ。父海野勝珉(しょうみん)や加納夏雄に師事。伝統的彫金技術に,ヨーロッパ留学の成果をとりいれ,新風をもたらす。昭和7年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。30年彫金で人間国宝全日本工芸美術家協会会長,日本彫金会会長などをつとめた。芸術院会員。昭和31年7月10日死去。71歳。東京出身。代表作に「鸚鵡小禽葡萄文箱(おうむしょうきんぶどうもんばこ)」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

うんのきよし【海野清】

1884~1956) 彫金家。東京生まれ。東京芸大教授。勝珉の子。作風は古典的で優雅。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海野清
うんのきよし
(1884―1956)

大正・昭和の彫金家。水戸金工の名工といわれた海野勝(しょうみん)の四男として東京に生まれる。父が教授であった東京美術学校金工科を卒業。初めは正倉院宝物にみられるペルシアや唐の影響を受けた天平(てんぴょう)期の工芸を理想としたが、1932年(昭和7)東京美術学校の教授に任ぜられた直後、フランスに留学してからは古代エジプト芸術に感化され、日本の伝統技術と西欧の造形や題材を巧みに融合したものを創作して、当時の工芸界に新傾向を示した。55年(昭和30)重要無形文化財に認定された。代表作に初期の鸚鵡小禽葡萄文(おうむしょうきんぶどうもん)箱(東京国立博物館)、後期に青銀花器などがある。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

海野清の関連キーワード町彫荒井恵梅根常三郎桂光春北原千鹿黒川武雄(2)小室達塚田秀鏡三井義夫山脇洋二

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone