コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海野清 ウンノキヨシ

デジタル大辞泉の解説

うんの‐きよし【海野清】

[1884~1956]彫金家。東京の生まれ。東京芸大教授。勝珉(しょうみん)の子。日本の伝統技法に西洋の題材・造形を融合させて創作を行った。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

海野清 うんの-きよし

1884-1956 大正-昭和時代の彫金家。
明治17年11月8日生まれ。父海野勝珉(しょうみん)や加納夏雄に師事。伝統的彫金技術に,ヨーロッパ留学の成果をとりいれ,新風をもたらす。昭和7年母校東京美術学校(現東京芸大)の教授。30年彫金で人間国宝。全日本工芸美術家協会会長,日本彫金会会長などをつとめた。芸術院会員。昭和31年7月10日死去。71歳。東京出身。代表作に「鸚鵡小禽葡萄文箱(おうむしょうきんぶどうもんばこ)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うんのきよし【海野清】

1884~1956) 彫金家。東京生まれ。東京芸大教授。勝珉の子。作風は古典的で優雅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

海野清
うんのきよし
(1884―1956)

大正・昭和の彫金家。水戸金工の名工といわれた海野(しょうみん)の四男として東京に生まれる。父が教授であった東京美術学校金工科を卒業。初めは正倉院宝物にみられるペルシアや唐の影響を受けた天平(てんぴょう)期の工芸を理想としたが、1932年(昭和7)東京美術学校の教授に任ぜられた直後、フランスに留学してからは古代エジプト芸術に感化され、日本の伝統技術と西欧の造形や題材を巧みに融合したものを創作して、当時の工芸界に新傾向を示した。55年(昭和30)重要無形文化財に認定された。代表作に初期の鸚鵡小禽葡萄文(おうむしょうきんぶどうもん)箱(東京国立博物館)、後期に青銀花器などがある。[原田一敏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

海野清の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門帖佐 美行内藤 四郎鹿島 一谷三井 義夫帖佐美行昭和時代内藤四郎作風

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android