コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深山桜 ミヤマザクラ

デジタル大辞泉の解説

みやま‐ざくら【深山桜】

バラ科の落葉高木。深山に生え、5月ごろ、若葉が出てから白い5弁花を総状につける。葉は長円形で先がとがる。しろざくら。
深山に咲いている桜。
「優曇華(うどんげ)の花待ちえたる心地して―に目こそうつらね」〈・若紫〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

みやまざくら【深山桜】

長野の日本酒。酒名は、明治天皇御製の「青葉まじりにみずみずしく咲く深山桜」からとり命名。大吟醸酒純米吟醸酒純米酒本醸造酒などをそろえる。平成7、8、13、17年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦山田錦など。仕込み水は八ヶ岳伏流水蔵元の「古屋酒造店」は明治24年(1891)創業。所在地は佐久市塚原。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

みやまざくら【深山桜】

バラ科の落葉高木。深山に生える。葉は広卵形。晩春、葉より少し遅れて白色五弁花を数個総状につけ、葉に似た苞ほうがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

深山桜 (ミヤマザクラ)

学名:Prunus maximowiczii
植物。バラ科の落葉高木,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

深山桜の関連キーワード大和田 建樹大和田建樹うどんげ広卵形さくら傾城物サクラ保名晩春

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android