深海漁業(読み)しんかいぎょぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

深海漁業
しんかいぎょぎょう

深海魚を対象に行う漁業の総称。大陸棚以深 200m以上を漁場とする。技術的には水深 1000mくらいまでの操業が可能。底引網,籠などによりクサカリツボダイ,ホキ,ベニズワイガニ,ソコダラなどがすでに供給されている。食用としてなじみの少い魚類も多く,採取,漁労に人手や資本を多く要し,また 200カイリ問題などの点で産業として大きな比重は占めていない。しかし,水産資源が枯渇するのにつれて注目されはじめている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんかいぎょぎょう【深海漁業 deep‐sea fishery】

200m以深1000mぐらいまでの深海にすむ水産動物を対象として行う漁業。海洋生態学では3000m以深を深海とし,200m以浅の表層との間をさらに中深層,漸深層と区分するが,水産的には大陸棚を超えた200m以深を一般に深海とする。従来も,メヌケ類,アブラツノザメ,ムツ,キンメダイサクラエビ,バイなどを対象として深海漁業は行われていたが,水深が深くなるにつれて操業が格段に難しくなること,一般に浅海に比べて生物が豊富でないことなどの理由で,あまり重要視されていなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android