コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

深谷城 ふかやじょう

1件 の用語解説(深谷城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

ふかやじょう【深谷城】

埼玉県深谷市にあった平城(ひらじろ)。山内上杉氏支流の深谷上杉氏(庁鼻和(こばなわ)氏)の居城。第4代当主の上杉房憲は1456年(康正2)、享徳の乱が起こって古河公方足利成氏との軍事対立が激化すると、庁鼻和城(同市)西方の唐沢川近くに新たに深谷城を築城して居城を移した。これにより、庁鼻和城は廃城となり、城跡に深谷上杉氏の菩提寺の国済寺が建立された。1552年(天文21)、北条氏の上野侵攻により、関東管領上杉憲政が居城の平井城(群馬県藤岡市)を捨てて、長尾景虎(のちの上杉謙信)を頼って越後に逃亡すると、深谷上杉氏は北条氏に降伏・臣従したが、謙信が関東に侵攻すると、謙信に与して北条氏に敵対。上杉氏の力が弱まると再び北条氏に臣従し、鉢形城(大里郡寄居町)の北条氏邦の城代として引き続き深谷城を居城とした。しかし、1590年(天正18)の豊臣秀吉の北条氏攻め(小田原の役)で、城主の上杉氏憲は小田原城(神奈川県小田原市)に籠城したが、城と領地を奪われて深谷上杉氏は滅亡した。この戦いの後、深谷城は関東に入部した徳川氏のものとなり、松平康直が1万石で入城。その後、松平忠輝、松平忠重が居城としたのち、1622年(元和8)には酒井忠勝が同じく1万石で入封したが、1624年(寛永1)に忍藩5万石(忍城、同県行田市)に移封になったことに伴って、深谷城は廃城となった。現在、かつての城域のほとんどが市街地になっているため、遺構はほとんど残っておらず、深谷上杉氏の祈願社だった富士浅間(ふじせんげん)神社(智形(ちかた)神社)の社殿をめぐる池と水路などに、わずかに当時の姿をとどめるのみである。また、城跡の一角が城址公園となっており、石垣や城壁などの模擬構造物がつくられているが、これらはかつての深谷城を復元したものではない。JR高崎線深谷駅から徒歩約15分。◇木瓜(ぼけ)城とも呼ばれる(城域の形が木瓜の花、あるいは木瓜の実の断面に似ていたことから)。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

深谷城の関連キーワード平城東都医療大学埼玉工業大学アリオ深谷おかべかわもとはなぞのふっかちゃん七ツ梅

深谷城の関連情報