コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渦巻ポンプ うずまきポンプvolute pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

渦巻ポンプ
うずまきポンプ
volute pump

遠心ポンプの一種。液体で満たされた渦巻型のケーシング内で羽根車を回転させ,液体に作用する遠心力によって下の液槽から液体を吸上げ上の液槽に押上げるポンプ。理論上,水を吸上げる高さは1段で約 10mが限度である。始動時には呼び水コックか真空ポンプを用いて液体をポンプ内に満たしてのちポンプを回転させる。案内羽根のない低揚程用のボリュートポンプと案内羽根のある高揚程用のディフューザポンプ (タービンポンプ ) に分類される。灌漑,排水,上下水道および高圧ボイラへの給水用など広く用いられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うずまき‐ポンプ〔うづまき‐〕【渦巻(き)ポンプ】

内部で渦巻き形に配した羽根車が高速度で回転し、遠心力を利用して液体を汲み上げるポンプ。遠心ポンプ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典の解説

渦巻ポンプ

 遠心ポンプともいう.遠心力を利用するポンプで,羽根車の吐き出し側に直接渦巻形ケーシングをもつもの.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

渦巻ポンプ
うずまきぽんぷ

ターボ形ポンプの一種で、回転する羽根車の外側に渦巻形の通路(渦形室)のあるポンプをいう。水は中心部の吸込み口から羽根車に入り、回転による遠心作用によって羽根車からエネルギーを与えられ、高速・高圧となって外周部へ流出し、渦形室を通ってポンプ出口に達する。羽根車を出た高速の水のもつ運動エネルギーを圧力のエネルギーに変換するために案内羽根を備えたディフューザーポンプ(タービンポンプともいう)と、羽根車からの水が直接渦形室へ流れ込むボリュートポンプの2種類がある。案内羽根を備えていない後者だけを渦巻ポンプとよぶこともあり、そのときには両者を総称して遠心ポンプという。
 ディフューザーポンプは高揚程に適する。とくに揚程の大きいときには、1本の軸に複数個の羽根車を取り付け、第1段の案内羽根を出た水を第2段羽根車の入口に導くというような多段式が用いられる。渦巻ポンプは排水用、発電所のボイラー給水用、上下水道用、鉱山用、化学工業用など産業界でもっとも多く使用されている。羽根を改良し、摩耗や腐食にとくに耐えるようにしたものは、泥水、汚水、パルプ混液、砂礫(されき)、石炭などの輸送に適し、また羽根数を少なくし、羽根車内の水の流路面積を大きくしたものは、魚やミカンなどを水とともに運搬するのに使用されている。[池尾 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の渦巻ポンプの言及

【ポンプ】より

…日本では1904年井口在屋により発表された研究が初期のものとして有名である。 遠心ポンプは,インペラーの外側に直接渦巻ケーシングがあって,水をまとめて吐出管へ導く渦巻ポンプと,インペラーの外側に固定羽根を並べたディフューザーを設け,流れを減速させてから渦巻ケーシングへ導くディフューザーポンプに大別することができる。渦巻ポンプはターボポンプの基本形であり,構造も簡単でもっとも多く生産されている。…

※「渦巻ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

渦巻ポンプの関連キーワードキャンドモータポンプトルクコンバーター日本科学史(年表)荏原製作所(株)特殊液用ポンププロペラポンプ空気タービンサージング再生ポンプ生源寺 順軸流ポンプ井口 在屋給排水設備斜流ポンプ空気軸受井口在屋インペラ水力機械掃除機送風機

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android