コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

湖西線 こさいせん

5件 の用語解説(湖西線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

湖西線
こさいせん

山科から琵琶湖西岸を通り,近江塩津へいたる鉄道。 JR西日本。山科-雄琴-近江今津-近江塩津間 74.1km。 1974年開通。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こせい‐せん【湖西線】

東海道本線山科(やましな)から北陸本線近江塩津に至るJR線。琵琶湖の西岸を走る。北陸地方京阪神地域の短絡線として昭和49年(1974)開業。全長74.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

湖西線【こせいせん】

滋賀県・近江塩津〜京都・山科間のJR線。1974年開通。営業キロ74.1km。琵琶湖の西岸を南北に走り,全線電化され京都,大阪から北陸本線方面への直通列車が運行する。
→関連項目北陸本線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こせいせん【湖西線】

東海道本線山科駅を起点に,琵琶湖の西岸を通り北陸本線近江塩津駅に至る営業キロ74.1kmのJR西日本の営業線。1974年7月に営業を開始したが,かつてはほぼ同一区間を江若鉄道が営業しており,同鉄道は湖西線工事開始に先立つ69年10月に廃止し,用地を鉄道建設公団に売却,これが湖西線として生まれ変わった。京阪神と北陸を結ぶ幹線短絡ルートとして計画されたもので,京阪神からの北陸方面への特急列車はすべて湖西線経由で運転されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

湖西線
こせいせん

滋賀県にある琵琶(びわ)湖西岸を走る西日本旅客鉄道の線路名称。山科(やましな)―近江塩津(おうみしおつ)間74.1キロメートル、全線複線。直流電化(近江塩津―永原間は交流電化)。在来線の高速化への要求に伴い、高規格構造で建設された。京阪神地域と北陸本線を短縮連絡する幹線鉄道で、京阪神地域から北陸、新潟、東北方面に向かう多数の直通特急列車がこの線を利用している。また京阪神地域への通勤鉄道としての機能も大きい。1967年(昭和42)着工され、1974年全線開業した。従来、浜大津―近江今津間を営業していた江若(こうじゃく)鉄道は1969年廃止され、その線路用地の大部分は湖西線建設のために日本国有鉄道(国鉄)に売却された。1987年、国鉄の分割民営化に伴い、西日本旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

湖西線の関連キーワード飯田線金谷関西本線東海道本線御殿場線起点琵琶湖大橋伊東線三島[市]琵琶湖の内湖

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

湖西線の関連情報