コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄琴 おごと

大辞林 第三版の解説

おごと【雄琴】

滋賀県大津市北部の地名。比叡山の北東麓ろく、琵琶湖に臨む温泉地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

雄琴【おごと】

琵琶湖の西岸,大津市北部にある地名。9世紀後半,小槻氏が開発したとされ,雄琴神社(地主権現社)ではその始祖の小槻宿禰(すくね)今雄を祀っている。12世紀末初め,隣接する法光寺の所領として雄琴荘がみえ,小槻氏の氏長者が永代にわたって支配することとされていたが,1225年頃に妙法院門跡に寄進されたとして延暦(えんりゃく)寺勢力との長い相論が展開された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おごと【雄琴】

滋賀県大津市北部の地名。9世紀後半に小槻氏が開発した土地で,ここの地主権現社(雄琴神社)は小槻氏始祖の今雄を祭神としており,また今雄が863年(貞観5)に創建した氏寺の法光寺が南接する苗鹿(のうか)村にある。12世紀初頭,祐俊のときに雄琴荘および苗鹿村は法光寺領として,小槻氏氏長者が支配することが決められている。雄琴荘,苗鹿村は比叡山の膝下で坂本に近接しており,鎌倉時代後期から延暦寺の勢力が進出し,その領有をめぐり室町時代まで争いが続いている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

雄琴の関連キーワード栃木県下都賀郡壬生町通町オプテックス炭酸水素塩泉大津[市]大津(市)明智光秀小槻今雄川田琴卿雄琴温泉教諭所湖西線陽明学壬生家琵琶湖被官

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雄琴の関連情報