コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤裸(読み)アカハダカ

デジタル大辞泉の解説

あか‐はだか【赤裸】

完全に裸であること。まるはだか。すっぱだか。全裸。
家財を取られるなどして、何もない状態。「借財の支払いで赤裸になる」

せき‐ら【赤裸】

[名・形動]
からだに何もつけていないこと。また、そのさま。丸裸。あかはだか。「赤裸な(の)山肌」
包み隠さないこと。むき出しであること。また、そのさま。「赤裸な(の)告白」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あかはだか【赤裸】

身に何もまとっていないこと。すっぱだか。まっぱだか。赤肌。
財産などが何もないこと。 「火事で焼け出され-になる」

せきら【赤裸】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
何も着ていない・こと(さま)。まるはだか。あかはだか。 「雲助は裸虫の長として-の境界に終り/滑稽本・膝栗毛 2
つつみかくしのない・こと(さま)。ありのまま。赤裸裸。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

赤裸の関連情報