コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満つ/充つ ミツ

デジタル大辞泉の解説

み・つ【満つ/充つ】

[動タ五(四)](打消しの語を伴って用いる)ある基準・数量まで達する。「定員に―・たない」「10歳に―・たない子」「意に―・たない」
[動タ上二]みちる」の文語形
[動タ下二]
いっぱいにする。満たす。
「玉敷かず君が悔いて言ふ堀江には玉敷き―・てて継ぎて通はむ」〈・四〇五七〉
望みなどをかなえる。満足させる。
「その本尊、願ひ―・て給ふべくはこそ尊からめ」〈・東屋〉
決められた時期に達する。一定の期間を終える。
「重き物忌みも既に―・てぬ」〈読・雨月・吉備津の釜〉
[補説]は中世以降、「耳にみつる物は鳴り下る雷(いかづち)の音」〈盛衰記・七〉のように上二段にも活用し、更に上二段活用上一段活用「みちる」に変化し、現在にいたる。または、下一段化せずに衰え、かわって「みたす」が用いられるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

満つ/充つの関連キーワード箪食壺漿・簞食壺漿・箪食瓠漿・簞食瓠漿・箪食壷漿・簞食壷漿怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)葉室顕隆(はむろのあきたか)伊弉諾尊・伊弉冉尊「楓橋夜泊」張継大安寺(大阪府)満つれば虧く小山 栄達プチムーン石井 百代満つ・充つ佐藤佐太郎小山いと子満ち干の珠澤田瞳子佐竹隆義五臓六腑転輪聖王武蔵七党喜多武清

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android