コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

満漢全席 まんかんぜんせき

4件 の用語解説(満漢全席の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

まんかんぜんせき【満漢全席】

中国料理で、2~3日かけて食べる、山海の珍味を集めた料理の称。満族と漢族の料理の集大成の意。ツバメの巣・フカの鰭ひれなど高級な材料のほか、熊の掌てのひら・象の鼻・蛇・猿なども用いる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

満漢全席【まんかんぜんせき】

中国料理の一形態。高級で珍奇な材料を用いたぜいたくな料理を2〜3日かけて味わうもの。象の鼻,毒蛇,燕巣,フカのひれ,シロキクラゲといったものが使われる。満州族と漢民族の料理の粋を集めたところからこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

まんかんぜんせき【満漢全席】

山海の珍味を集めた豪華絢爛(ごうかけんらん)な中国の宴席料理。満州族と漢民族の料理を一堂にそろえた宴席の意。2~3日かけて食べる。熊の手・燕の巣・象の鼻などの珍しく高価な食材も用いる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんかんぜんせき【満漢全席 Mǎn Hàn quán xí】

中国で,象の鼻,毒蛇,麝香猫(じやこうねこ),つばめの巣ふかのひれ,銀耳(シロキクラゲ)などの高級材料や珍奇な材料をぜいたくに用い,2~3日にわたって食べる料理で,満州族と漢民族の料理の粋を集めたもの。清朝第3代の乾隆帝が揚州を訪れたとき,塩で巨富を得た塩商が,山海の珍味を集め,満州風の手法もとり入れて料理をしたのを,満漢席と命名し皇帝に献上したのが始まりである。李斗の《揚州画舫録》に料理49種を記し,満漢全席というと記載されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の満漢全席の言及

【中国料理】より

…東南アジア諸国に流出する華僑の出国地であった潮州には,カレー料理のたれである沙茶醬が伝来し,改良されて潮州沙茶醬となって国内外に名をはせた。 満州族の王朝である清朝は,乾隆帝と西太后という空前絶後の大食道楽を出し,〈満漢全席〉という三日三晩続く途方もない宴会スタイルを創出した。山海の珍味を網羅して,手間暇かけて調理した料理を一食に何十品も並べる宮廷料理の毎日毎食の種類,材料,製作者,皇帝の食べ残し料理の行方など,微に入り細をうがった記録が〈御膳房檔冊〉として残っている。…

※「満漢全席」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

満漢全席の関連キーワード麝香鹿麝香獣麝香猫麝香鼠麝香嚢・麝香囊麝香油麝香嚢麝香骨ジャコウネコ(麝香猫)ミズジャコウネコ(水麝香猫)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

満漢全席の関連情報