コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源兼忠 みなもとのかねただ

朝日日本歴史人物事典の解説

源兼忠

没年:承元3.3.17(1209.4.22)
生年:永暦1(1160)
鎌倉初期の公卿。壬生中納言と号す。権中納言源雅頼と中納言藤原家成の娘の子。養父は右少弁源俊定。乳母の夫は源頼朝の近習であった中原親能。侍従,弁官,蔵人頭を経て大和守,近江守,周防権守,備中権守を兼任,後白河院庁別当ともなる。建久9(1198)年正三位,建仁2(1202)年権中納言となるが,翌年罷官。建永1(1206)年ごろにはすでに精神に異常を来しており,誇大妄想に駆られしばしば奇矯な行動が見られたという。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

源兼忠の関連キーワードモンフォールアルビジョア十字軍貿易インバランス安嘉門院玉蕊許衡近代秀歌中原親能日野川フランチェスコ修道会

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android