コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源兼忠 みなもとのかねただ

1件 の用語解説(源兼忠の意味・用語解説を検索)

朝日日本歴史人物事典の解説

源兼忠

没年:承元3.3.17(1209.4.22)
生年:永暦1(1160)
鎌倉初期の公卿。壬生中納言と号す。権中納言源雅頼と中納言藤原家成の娘の子。養父は右少弁源俊定。乳母の夫は源頼朝の近習であった中原親能。侍従,弁官,蔵人頭を経て大和守,近江守,周防権守,備中権守を兼任,後白河院庁別当ともなる。建久9(1198)年正三位,建仁2(1202)年権中納言となるが,翌年罷官。建永1(1206)年ごろにはすでに精神に異常を来しており,誇大妄想に駆られしばしば奇矯な行動が見られたという。

(櫻井陽子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

源兼忠の関連キーワード平松時行豊岡尚資藤谷為敦四辻季賢中納言四納言藤原公通藤原宗家藤原頼資源師仲

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone