コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準矮星 じゅんわいせいsub-dwarf

4件 の用語解説(準矮星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準矮星
じゅんわいせい
sub-dwarf

ヘルツスプルング=ラッセル図において,主系列と同じスペクトルをもちながら半径が小さいために主系列より 1.5~2等暗い星。星の種族 IIに属する (→恒星の種族 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

準矮星【じゅんわいせい】

同じ色のふつうの矮星よりも光度が約0.5等暗い矮星。多くは種族IIに属す重元素欠乏星。重元素原子による線スペクトル吸収が少ないため,同質量・同年齢の矮星よりも色が青く見え,その結果暗いほうにずれた系列を構成している。
→関連項目特異星

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんわいせい【準矮星 sub‐dwarf】

光度が同じ色のふつうの矮星よりも約0.5等級暗い矮星。横軸に青色帯から緑色帯にかけての色の指数をとり,縦軸に実視絶対等級をとった〈色・等級図〉上で,ふつうの矮星が並ぶ主系列の下側に分布することから命名された。その多くは種族IIの重元素欠乏星で,高速度星でもある。重元素原子による青色から紫色域にかけての線スペクトル吸収が少ないために,同質量,同年齢の矮星に比べて,色が青く見える結果,見かけ上,暗いほうにずれた系列を形づくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準矮星
じゅんわいせい
subdwarf

矮星(主系列星)に準ずる星(恒星)で、光度階級と分類される。歴史的にみると、スペクトル型はA型と思われるのにA型主系列星より暗いもの数個が、1930年代にアメリカのW・S・アダムズによりみつけられた。これらの星は「準矮星」とよばれたが、その後の研究により、これらは金属含有量が通常の星より極端に少ない「金属欠乏星」であることが明らかになった。スペクトル型としては、F、G、K型に属するものが多い。
 習慣上、現在でもこれらの星は準矮星とよばれているが、実体は種族に属する古い星である。そのなかで、晩期型のものはいわば種族の主系列をなし、実際に種族の主系列星より1等くらい暗い。それより早期型の準矮星は、すでに主系列星から離れ、巨星を経てさらに進化していると考えられる。[前原英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone