コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準巨星 じゅんきょせいsubgiant

4件 の用語解説(準巨星の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

準巨星
じゅんきょせい
subgiant

ヘルツスプルング=ラッセル図において,同じスペクトル型主系列星より光度が1等から2等程度明るい星。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅん‐きょせい【準巨星】

恒星のうち、巨星に準ずる星。主系列星よりやや明るく、巨星へ進化する中間段階に位置する。水素の核融合がほぼ終了し、中心部分にヘリウムが集まっていると考えられる。代表的な準巨星として、小犬座プロキオン南十字座アクルックスがある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

準巨星【じゅんきょせい】

主系列星から巨星への進化の途上にあると考えられる星。ヘルツシュプルング=ラッセル図の上でも,主系列星と巨星の中間に位置する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準巨星
じゅんきょせい
subgiant

巨星に準ずる星、すなわち巨星よりは暗いが矮星(わいせい)(主系列星)よりは明るい星(恒星)で、HR図上で主系列星の上側に位置している。光度階級はと分類され、スペクトル型はF型からK型のものが多い。このような準巨星の存在は、球状星団や年齢の古い散開星団のHR図において、晩期型の主系列星から赤色巨星を結ぶ領域にみられる。
 進化の過程でみると、これらの星は長く滞在した主系列から巨星に進化する途上のもので、中心での水素核融合反応が終わりつつある段階と考えられる。また、おうし座T型星など主系列に向かって収縮していく段階の準巨星も少数存在する。いずれにしても、準巨星の期間はそう長くはなく、実在の星の数も多くない。こいぬ座のプロキオンはF型の準巨星である。[前原英夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone