コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

準巨星 じゅんきょせいsubgiant

百科事典マイペディアの解説

準巨星【じゅんきょせい】

主系列星から巨星への進化の途上にあると考えられる星。ヘルツシュプルング=ラッセル図の上でも,主系列星と巨星の中間に位置する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

準巨星
じゅんきょせい
subgiant

巨星に準ずる星、すなわち巨星よりは暗いが矮星(わいせい)(主系列星)よりは明るい星(恒星)で、HR図上で主系列星の上側に位置している。光度階級はと分類され、スペクトル型はF型からK型のものが多い。このような準巨星の存在は、球状星団や年齢の古い散開星団のHR図において、晩期型の主系列星から赤色巨星を結ぶ領域にみられる。
 進化の過程でみると、これらの星は長く滞在した主系列から巨星に進化する途上のもので、中心での水素核融合反応が終わりつつある段階と考えられる。また、おうし座T型星など主系列に向かって収縮していく段階の準巨星も少数存在する。いずれにしても、準巨星の期間はそう長くはなく、実在の星の数も多くない。こいぬ座のプロキオンはF型の準巨星である。[前原英夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

準巨星の関連キーワードTヘルツスプルングエリダヌス座アルゲニブアルゴル南十字星光度階級準矮星

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android