コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝貝/土負貝 ドブガイ

3件 の用語解説(溝貝/土負貝の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

どぶ‐がい〔‐がひ〕【溝貝/土負貝】

イシガイ科の二枚貝。池沼の泥底にすむ。貝殻は薄く、球卵形でよく膨らみ、殻長8センチくらい。殻表は黒褐色滑らか、内面は真珠色。えらにタナゴが産卵する。ぬまがい。

みぞ‐がい〔‐がひ〕【溝貝】

マテガイ科の二枚貝。砂浜にすみ、貝殻は横長の長楕円形で、殻長3センチくらい。殻は薄紫色で、質が薄い。本州から九州にかけて分布。
カラスガイの古名。一説にハマグリの殻の黒色のものという。
「―といふものの大きなるが、口を開けてありけるを」〈今昔・二九・三五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

みぞがい【溝貝】

海産の二枚貝。殻長約3センチメートル。貝殻は細長い小判形で平たく、薄紫色で薄くもろい。本州・四国・九州の沿岸の砂浜にすむ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

溝貝/土負貝の関連キーワードミルガイ石馬刀貝花貝紅貝烏貝象貝鷺貝皿貝馬刀貝忘貝

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone