コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

溝貝/土負貝 ドブガイ

デジタル大辞泉の解説

どぶ‐がい〔‐がひ〕【溝貝/土負貝】

イシガイ科の二枚貝池沼の泥底にすむ。貝殻は薄く、球卵形でよく膨らみ、殻長8センチくらい。殻表は黒褐色で滑らか、内面真珠色えらタナゴが産卵する。ぬまがい。

みぞ‐がい〔‐がひ〕【溝貝】

マテガイ科の二枚貝。砂浜にすみ、貝殻は横長の長楕円形で、殻長3センチくらい。殻は薄紫色で、質が薄い。本州から九州にかけて分布。
カラスガイの古名。一説にハマグリの殻の黒色のものという。
「―といふものの大きなるが、口を開けてありけるを」〈今昔・二九・三五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みぞがい【溝貝】

海産の二枚貝。殻長約3センチメートル。貝殻は細長い小判形で平たく、薄紫色で薄くもろい。本州・四国・九州の沿岸の砂浜にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

溝貝 (ミゾガイ)

動物。マテガイ科の貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

溝貝/土負貝の関連キーワード海産動物本州