コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

タナゴ

デジタル大辞泉の解説

たなご【×鱮】

コイ科タナゴ亜科の淡水魚。全長約10センチ。体は細長く、一対の口ひげは短く、背部は暗褐色、他は銀白色。産卵期の雄は背部から腹部にかけ青緑色から淡桃色、黒色に変わる婚姻色を示す。関東・東北地方の平野部の川や沼にすむ。食用。
コイ目コイ科タナゴ亜科の淡水魚の総称。産卵管を二枚貝の排水管に挿入し、内部のえらに卵を産みつけ、稚魚は孵化(ふか)後しばらく貝の中で成長したのちに外へ出る。産卵期の雄には美しい婚姻色を示すものが多い。アジア・ヨーロッパの温帯に広く分布し、日本にはタナゴ・ヤリタナゴゼニタナゴバラタナゴなど15種が知られ、イタセンパラミヤコタナゴ天然記念物
ウミタナゴの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たなご【鱮】

コイ目コイ科タナゴ類の淡水魚の総称。ヤリタナゴ・バラタナゴ・ミヤコタナゴなど。カラスガイなど二枚貝の中に産卵する。観賞魚。冬の釣魚。アジア大陸からヨーロッパ中部まで分布。
の一種。全長約4~8センチメートル。体形はフナに似て、一対の口ひげがある。背は暗褐色、腹は銀白色。体側に一本の青緑色の縦帯が走る。六月頃、産卵期の雄は追い星や婚姻色を生ずる。食用。関東・東北地方の浅い池沼や小川にすむ。ニガブナ。ボテ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鱮 (タナゴ)

学名:Acheilognathus limbatum
動物。コイ科の淡水魚

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鱮の関連キーワードカラスガイ産卵管排水管観賞魚銀白色暗褐色追い星二枚貝口ひげ体側ボテ釣魚背部

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android