コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

演ずる エンズル

デジタル大辞泉の解説

えん・ずる【演ずる】

[動サ変][文]えん・ず[サ変]
人々の前で芝居・舞踏・演奏などをして見せる。また、芝居や映画などで、ある役を務める。「狂言を―・ずる」「敵役を―・ずる」
ある役目を務める。「物分かりのいい父親を―・ずる」
目立つようなことを行う。「醜態を―・ずる

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

えんずる【演ずる】

( 動サ変 ) [文] サ変 えん・ず
劇・演芸などの芸能を行う。また、その中である役をつとめる。 「別れの場を-・ずる」 「母親役を-・ずる」
ある役割をつとめる。はたす。 「外交の場で重大な役割を-・じた」
(多く、よくないことに用いて)人目につくようなことをする。しでかす。 「醜態を-・ずる」 「大立ち回りを-・ずる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

演ずるの関連キーワード持ち芸・持芸・持ち藝・持藝替え装束・替装束チアリーディング大道芸・大道藝土場芸・土場藝ファインプレー素人芸・素人藝内猿楽・内申楽旅芸人・旅藝人女形形・女形方コメディアンパフォーマー御目見得狂言夜遊の舞楽辻芸・辻藝痴態・癡態醜態・醜体素人芝居道化役者田楽法師

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

演ずるの関連情報