コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行い澄ます オコナイスマス

デジタル大辞泉の解説

おこない‐すま・す〔おこなひ‐〕【行い澄ます】

[動サ五(四)]
自分だけが悟っているかのように振る舞う。もっともらしく、殊勝に振る舞う。気どる。「すっかり、―・した顔でいる」
ひたすら仏道を修行する。
「尼が人の世に橋を隔て門を鎖して、斯る寒き雪の日をも―・しているのか」〈虚子俳諧師

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おこないすます【行い澄ます】

( 動五[四] )
戒めを守り、けがれのない心で仏道を修行する。 「僧庵に-・す」
殊勝らしく振る舞う。とりすます。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android