コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

濮議 ぼくぎPu-yi; P`u-i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

濮議
ぼくぎ
Pu-yi; P`u-i

中国,北宋の英宗実父濮王の処遇をめぐる宮廷の論議。第4代皇帝仁宗が嘉祐8 (1063) 年に没し,次いで即位した英宗は仁宗の実子ではなく濮王の子であったので,濮王 (すでに死亡) をどのように処遇すべきかの典礼問題が生じた。皇親と称すべきであるとの論,それを非なりとする論などが出て,司馬光欧陽修曾鞏らが互いに争った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぼくぎ【濮議 Pú yì】

中国,北宋代の政治問題。第4代仁宗皇帝(在位1022‐63)には嗣子がなく,濮安懿王(ぼくあんいおう)の子趙曙(ちようしよ)を養子とし,仁宗没後,趙曙が英宗となった。そこで,英宗の実父で故人の濮王にどのような祭典上の資格を与えるかが問題となった。皇帝の直系の系統からはずれているから実父を伯父と呼べなどの意見まで現れた。欧陽修,司馬光らは二大陣営に分かれて論陣をはり英宗一代を空費する議論が展開された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

濮議の関連キーワード英宗[宋]

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android