コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火灯窓 カトウマド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火灯窓
かとうまど

火灯形の窓枠をもつ窓。禅宗建築に用いられた窓であったが、形が優美なことから禅宗建築に限らず、社寺や住宅、城郭にも取り入れられた。窓の内側には明(あかり)障子や板戸を立てる。また、窓枠の中に格子を入れるものもある。古式な火灯窓は立ち上りが直線に近い形になるが、だんだんと裾(すそ)が広がるようになり、その形から花頭窓の字もあてられるようになった。また、単にアーチ状の開口部で上や脇(わき)の壁を塗り回したものも火灯と称し、このような形の出入口を火灯口という。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

火灯窓の関連キーワード火灯・瓦灯・火燈・瓦燈火灯形・火燈形琴柱火灯桂離宮火灯形禅宗様火灯上部唐様

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火灯窓の関連情報