コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火灯窓 カトウマド

2件 の用語解説(火灯窓の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かとう‐まど〔クワトウ‐〕【火灯窓】

上部が尖頭アーチ状の窓。唐様建築に初めて使われた。源氏窓。花頭窓。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火灯窓
かとうまど

火灯形の窓枠をもつ窓。禅宗建築に用いられた窓であったが、形が優美なことから禅宗建築に限らず、社寺や住宅、城郭にも取り入れられた。窓の内側には明(あかり)障子や板戸を立てる。また、窓枠の中に格子を入れるものもある。古式な火灯窓は立ち上りが直線に近い形になるが、だんだんと裾(すそ)が広がるようになり、その形から花頭窓の字もあてられるようになった。また、単にアーチ状の開口部で上や脇(わき)の壁を塗り回したものも火灯と称し、このような形の出入口を火灯口という。[工藤圭章]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

火灯窓の関連キーワードアーチ尖頭器和様建築ゴシック式礎盤大瓶束初花プロセニアムアーチ火灯形シュリーレン・アーク

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone