火灯窓(読み)カトウマド

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火灯窓
かとうまど

火灯形の窓枠をもつ窓。禅宗建築に用いられた窓であったが、形が優美なことから禅宗建築に限らず、社寺や住宅、城郭にも取り入れられた。窓の内側には明(あかり)障子や板戸を立てる。また、窓枠の中に格子を入れるものもある。古式な火灯窓は立ち上りが直線に近い形になるが、だんだんと裾(すそ)が広がるようになり、その形から花頭窓の字もあてられるようになった。また、単にアーチ状の開口部で上や脇(わき)の壁を塗り回したものも火灯と称し、このような形の出入口を火灯口という。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android