コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

火球 かきゅうfireball

翻訳|fireball

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

火球
かきゅう
fireball

流星のうち光度が-4等級よりも明るいものをいう。飛行中に爆発したり,分裂したりすることも多い。明るいものは昼間でも見えることがある。燃え尽きず地上にまで達したものが隕石である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐きゅう〔クワキウ〕【火球】

火の玉。
流星の、特に明るいもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

火球【かきゅう】

流星の中で,特に明るく,飛行速度もゆるやかなもの。ときに大気中で音をたてて爆発し,また燃えつきず隕石(いんせき)となるものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かきゅう【火球 bolide】

明るい流星を一般に火球と呼ぶ。星の光度等級で0等星よりも明るいもの,あるいは惑星の中でもっとも明るい金星(-4等)より明るいものをいうなどの習慣もあるが,明るさについて厳密な定義はない。まれには満月よりも明るいものも現れ,また火球出現後に大音響を伴うものもある。いわゆる隕石となって地上まで落下するような場合には,たいていこのような爆鳴火球が目撃される。近年,アメリカ,カナダ,ヨーロッパなどで多くの自動カメラを用いて火球の軌道が研究されており,隕石のように小惑星起源と思われるものも,また一般の流星群と同じようにすい星起源と思われるものも多いことがわかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かきゅう【火球】

火の玉。 「 -の如き月は早く昇りて/即興詩人 鷗外
流星のうち特に明るいもの。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

火球
かきゅう

とくに明るい大流星。火の球が飛ぶように見えるというところからきた名である。どのくらいの明るさ以上のものを火球とよぶか厳密な定義はないが、空に見える星のなかでもっとも明るい金星(マイナス4等級)よりも明るいものをいう場合が多い。
 流星群のなかに火球とよばれるような明るいものが現れることもあるが、概して単独で現れるものが多く、途中で爆発したり、火の粉を振りまくように分裂したり、また著しい痕(あと)を残したりするものも多い。なかには大きな爆音をとどろかすものもあるが、とくに著しいのは隕石(いんせき)となって地上まで落下するような場合で、夜でも真昼のように明るくなるほどの大火球が現れ、大砲のような大音響を伴うことが多い。[村山定男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の火球の言及

【核兵器】より

…このことが放出エネルギーの配分を通常爆薬と異質なものにしている。核爆発後1×10-6秒以内に,超高温となった核兵器残滓は主としてX線の形で大量のエネルギーを放出するが,空中爆発ではこのX線は1m内外の空気に吸収され,極度に高温となった空気と気化した残滓が火の玉もしくは火球fireballと呼ばれる光り輝く球状の塊を形成する。火の玉は放射線と熱線を放出しつつ,急速に膨張を続けるとともに,しだいに冷却され,上昇によって空気の抵抗を受け球形からドーナツ形に変化し,放射能雲のきのこ雲mushroom cloudを形成する(図5)。…

【隕石】より

…英名meteoriteも〈空あるいは大気中からの石〉の意味である。
[隕石の落下]
 隕石が落下する際には巨大な火球が現れ,夜間ならば真昼のように明るくなることもあるし,多くの場合大気の衝撃波による大爆音をともなうので多くの人びとを驚かす。音響の聞かれる範囲は数十km四方に及ぶことも珍しくない。…

【流星】より

…明るさは粒子の質量などで違い,望遠鏡でやっと見える暗いものから満月より明るいものまでさまざまである。とくに明るい流星を火球という。流星物質には1mg以下のものから数tに及ぶ質量のものまであるが,平均的なものは1g以下で,0.2~0.3g/cm3の低密度である。…

※「火球」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

火球の関連キーワードセーラースターファイターセーラースターヒーラーセーラースターメイカーチェリャビンスク隕石セーラースターライツツングースカ大爆発ツングース隕石未確認飛行物体ファイアボールステラライトしし座流星群牡牛座流星群セーラー火球大木あまり三枝奈都紀発光現象即興詩人火の玉地球球電

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

火球の関連情報