点定(読み)テンジョウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【点定】

文字や文章を一つ一つ調べて正しくすること。指定すること。てんてい。
「左右の大臣、納言、参議、文武百官、六弁八史、皆以て―し」〈将門記
中世荘園領主などが土地・家屋農作物没収または差し押さえること。

てん‐てい【点定】

てんじょう(点定)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

てん‐じょう ‥ヂャウ【点定】

〘名〙
① 指定すること。てんてい。
※三代格‐五・天長三年(826)九月六日「望請、点定数国親王国
※将門記(940頃か)「左右の大臣、納言参議、文武百官、六弁八史、皆以て点定し」
② 中世、土地・家屋や農作物などを差し押さえたり、強制的に没収したりすること。
※吾妻鏡‐文治元年(1185)一二月一五日「謀反人家屋等、先点定之

てん‐てい【点定】

〘名〙 =てんじょう(点定)〔書言字考節用集(1717)〕 〔晉書‐郭象伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の点定の言及

【点札】より

…しかし,その内容においてはある変化を見た。すなわち問題の生じた土地に札を立てて,それが解決されるまでは何人も立ち入ることを許さず,また年貢未進の田地に点札して年貢が皆済されるまでその土地を差し押さえるとかいう場合に〈点札(点定(てんじよう))〉といわれるようになった。室町時代に入ってこれは盛行を見た。…

※「点定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

御一人様

「一人」を敬って、また丁寧にいう語。おひとかた。[補説]飲食店などで一人客を指していうことから、近年、「遊園地などグループ利用の多い施設を、一人で利用して楽しむ人」「精神的に自立しており、一人で行動で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

点定の関連情報