コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

点定 テンジョウ

デジタル大辞泉の解説

てん‐じょう〔‐ヂヤウ〕【点定】

文字や文章を一つ一つ調べて正しくすること。指定すること。てんてい。
「左右の大臣、納言、参議、文武百官、六弁八史、皆以て―し」〈将門記
中世荘園領主などが土地・家屋農作物没収または差し押さえること。

てん‐てい【点定】

てんじょう(点定)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

てんじょう【点定】

指定すること。
中世、荘園領主・地頭などが、他人の財産を実力で差し押さえる行為。

てんてい【点定】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の点定の言及

【点札】より

…しかし,その内容においてはある変化を見た。すなわち問題の生じた土地に札を立てて,それが解決されるまでは何人も立ち入ることを許さず,また年貢未進の田地に点札して年貢が皆済されるまでその土地を差し押さえるとかいう場合に〈点札(点定(てんじよう))〉といわれるようになった。室町時代に入ってこれは盛行を見た。…

※「点定」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

点定の関連キーワードペンローズホーキングの特異点定理ブラヴェルの定理代数的位相数学オイラーの定理中点連結定理二条河原落書建武式目条々チェバの定理鈴鹿 正静不動点定理微分幾何学ホーキングヒルベルトブラウエル特異点定理一つ一つ角谷静夫鈴鹿正静バーコフ対心点

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android