コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

為兼卿和歌抄 ためかねきょうわかしょう

3件 の用語解説(為兼卿和歌抄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

為兼卿和歌抄
ためかねきょうわかしょう

鎌倉時代後期の歌論書。京極為兼著。1冊。成立は不明だが,一説に弘安8 (1285) ~10年頃かという。和歌の本質,稽古論,心詞の論,作歌態度について説いている。藤原定家の『近代秀歌』のほか,『文筆眼心抄』など中国詩論の影響も認められる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ためかねきょうわかしょう〔ためかねキヤウワカセウ〕【為兼卿和歌抄】

京極為兼の歌論書。弘安8年(1285)から弘安10年(1287)に成立。未定稿ともされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

為兼卿和歌抄
ためかねきょうわかしょう

歌論書。京極(きょうごく)為兼著。1285~87年(弘安8~10)成立。執筆対象は当時の春宮(とうぐう)、伏見(ふしみ)天皇か。巻末の文体の乱れから未定稿ともされる。伝統歌風を墨守する二条派に対抗し、為兼が自らの革新的歌風の根本理念を説いた書で、万葉、新古今歌人、実朝(さねとも)、明恵(みょうえ)の作歌態度を引き、空海の『文鏡秘府論(ぶんきょうひふろん)』等によって、心の絶対的尊重と詞(ことば)の完全な自由化を主張。「心のままに詞のにほひゆく」の語は後年の京極派秀歌の真髄を予言した名言。なお、仏教的にも注意すべき論書である。[岩佐美代子]
『土岐善麿著『訳注為兼卿和哥抄』(1963・初音書房) ▽福田秀一著『中世和歌史の研究』(1972・角川書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

為兼卿和歌抄の関連キーワード京極家玉葉和歌集藤原為兼藤原為世為兼北畠親子京極為教初君藤原為子(1)野守鏡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone