コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

無袋栽培 むたいさいばいnon-bagging culture

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

無袋栽培
むたいさいばい
non-bagging culture

発育中の果実袋掛をしない果樹栽培をいう。農薬の進歩によって,外観をそこなわず裂果の危険も少い種類,品種では,適切な薬剤散布で袋掛の手間を省けるようになった。りんごでは祝 (いわい) ,旭 (あさひ) のようなデリシャス系,紅玉などの品種に,日本なしでは褐色系なしに無袋栽培が普及している。しかし日本南半部では,果実の日焼けを防ぐため袋掛が必要なことも多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むたい‐さいばい【無袋栽培】

生育途中の果実に袋掛けをしないで栽培すること。⇔有袋栽培

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

無袋栽培【むたいさいばい】

リンゴ,ナシ,モモなどの果樹を袋掛けせずに栽培すること。大部分の病虫害を薬剤で防除できるようになったことや労働力不足などで1960年ごろから普及した。袋掛けをした果実に比べ,外観は劣るがビタミンCや糖分の含量が多く,貯蔵性にもすぐれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

むたいさいばい【無袋栽培】

袋掛けをしないでリンゴ,ニホンナシ,モモなどの果樹の営利栽培を行うこと。袋掛けをした果実は,無袋栽培の果実に比べると,外観は美しいが,ビタミンCや糖の含量が低く,貯蔵性も劣る。このため,第2次大戦前から無袋栽培が推奨されていたが,実際に行われるようになったのは1960年ころからで,低毒性の有機リン剤やスピードスプレーヤーのような防除機械が普及し,薬剤によって大部分の病虫害を防除することが可能になったのが大きな原因である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むたいさいばい【無袋栽培】

リンゴ・ナシなどの果実に、害虫や病原菌を防ぐための袋をかけずに栽培すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

無袋栽培の関連キーワード江刺りんごつきかがみ病原菌害虫

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android