コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋掛け ふくろかけ

1件 の用語解説(袋掛けの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろかけ【袋掛け】

リンゴ,ニホンナシ,モモ,ビワなどの栽培で,果実を病虫害から守り,外観を美しく保つために,新聞紙ハトロン紙で作った袋で果実を被覆すること。リンゴの赤色品種やモモなどの果実は,成熟期が近づくと,葉緑素が分解し,代りにアントシアニンという赤色の色素を生成する。ところが,アントシアニンの生成には光が必要なので,赤く着色させるためには,リンゴでは収穫の10~40日前,モモでは収穫の3~10日前に袋を取り除いて光にあてなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

袋掛けの関連キーワード無袋栽培ソルダムネバンリンナ賞豊後高田日本五大昔話焼林檎ニホンナシ渡辺淳一郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

袋掛けの関連情報