コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袋掛け ふくろかけ

世界大百科事典 第2版の解説

ふくろかけ【袋掛け】

リンゴ,ニホンナシ,モモ,ビワなどの栽培で,果実病虫害から守り,外観を美しく保つために,新聞紙やハトロン紙で作った袋で果実を被覆すること。リンゴの赤色品種やモモなどの果実は,成熟期が近づくと,葉緑素が分解し,代りにアントシアニンという赤色の色素を生成する。ところが,アントシアニンの生成には光が必要なので,赤く着色させるためには,リンゴでは収穫の10~40日前,モモでは収穫の3~10日前に袋を取り除いて光にあてなければならない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袋掛けの関連キーワード病害虫防除青森りんご福羽 逸人無袋栽培小山益太有袋栽培再生紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

袋掛けの関連情報