コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼セッコウ(石膏) しょうせっこう

1件 の用語解説(焼セッコウ(石膏)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

焼セッコウ(石膏)【しょうせっこう】

化学式はCaSO4・1/2 H2O。焼きセッコウ,半水セッコウとも。セッコウを150〜200℃で焼成し,結晶水の3/4を失わせて得られる粉末。水と混ぜると発熱,膨張し,凝結硬化してセッコウに戻る。
→関連項目プラスター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

焼セッコウ(石膏)の関連キーワードEDTA塩化金シアン炭酸アンモニウムヒドラジン硫酸カリウム硫酸カルシウム化学式H2O酢酸銅

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone