コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼セッコウ(石膏) しょうせっこう

百科事典マイペディアの解説

焼セッコウ(石膏)【しょうせっこう】

化学式はCaSO4・1/2 H2O。焼きセッコウ,半水セッコウとも。セッコウを150〜200℃で焼成し,結晶水の3/4を失わせて得られる粉末。水と混ぜると発熱,膨張し,凝結硬化してセッコウに戻る。
→関連項目プラスター

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

焼セッコウ(石膏)の関連キーワードアクア錯塩アクアイオンアルカリ蓄電池硫酸カルシウムプラスター錯体酸化物生物電池ミョウバン石膏

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone