コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熙川 きせん Hǔich‘ŏn

1件 の用語解説(熙川の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

きせん【熙川 Hǔich‘ŏn】

朝鮮民主主義人民共和国,慈江道南部の都市。狄喩嶺山脈と妙香山脈に挟まれた谷あいに清川江が形成した盆地に位置する。平壌を中心とする首都圏と鴨緑江中流の江界,満浦等とを結ぶ満浦線の中間要駅があり,木材,農産物の集散地として発達した。朝鮮戦争後,山間地工業開発の拠点として建設が進められ,機械,建材,織物工業等を中心とする工業地帯に変貌した。とくに工作機械に力が注がれ,その主要生産地となっている。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熙川の関連キーワード北朝鮮慈江道朝鮮民主主義人民共和国両江道金策中江羅津松岳脱北雲峰

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

熙川の関連情報