コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燻ぼる クスボル

3件 の用語解説(燻ぼるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くすぼ・る【×燻ぼる】

[動ラ五(四)]
燻ぶる1」に同じ。
「今度の炭は―・っていかんね」〈虚子・続俳諧師〉
燻ぶる2」に同じ。
「天井はランプの油煙で―・ってるのみか」〈漱石坊っちゃん
燻ぶる5」に同じ。
「貧乏町に―・ってると云って」〈漱石・倫敦消息〉
燻ぶる6」に同じ。
「むしゃうに―・った身なりをすれども」〈黄・高漫斎〉

ふすぼ・る【×燻ぼる】

[動ラ五(四)]
煙のすすで黒くなる。すすける。
「行灯(あんどう)の紙は油烟に―・りて鼠色をなし」〈鉄腸・花間鶯〉
炎が立たず、煙だけ出して燃える。くすぶる。
「お寝間の内は抹香で―・ります」〈浄・反魂香

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone