コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燻ぶる クスブル

2件 の用語解説(燻ぶるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くすぶ・る【×燻ぶる】

[動ラ五(四)]
物がよく燃えないで、煙ばかりを出す。「生木が―・る」「焼け跡が―・る」
煙のすすで黒くなる。すすける。「天井が―・る」
争い事などが表に現れずに、また、完全に解決しないままで続いている。「不満が―・る」
閉じこもって陰気に過ごす。「一日中下宿で―・っていた」
地位や状態などが、その段階にとどまったまま低迷している。「下積みで―・っている」
身なりやようすが小汚くすすけている。
「世帯に―・った彼女とはまるで別の女に見え」〈秋声縮図

ふすぶ・る【×燻ぶる】

[動ラ五(四)]
炎を立てず、煙だけを出して燃える。いぶる。くすぶる。「蚊遣り火が―・る」
煙のすすで黒くなる。すすける。くすぶる。
「家の内は煤にて真っ黒に―・り」〈鉄腸・花間鶯〉
不平・不満を抱いたまま閉じこもっている。くすぶる。「田舎で―・っている」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燻ぶるの関連キーワード燻り出す怠る修まる出し渋るめらめら漬かる燃上る燃盛る燃立つ燃広がる

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

燻ぶるの関連情報