コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燻ぶる クスブル

デジタル大辞泉の解説

くすぶ・る【×燻ぶる】

[動ラ五(四)]
物がよく燃えないで、煙ばかりを出す。「生木が―・る」「焼け跡が―・る」
煙のすすで黒くなる。すすける。「天井が―・る」
争い事などが表に現れずに、また、完全に解決しないままで続いている。「不満が―・る」
閉じこもって陰気に過ごす。「一日中下宿で―・っていた」
地位や状態などが、その段階にとどまったまま低迷している。「下積みで―・っている」
身なりやようすが小汚くすすけている。
「世帯に―・った彼女とはまるで別の女に見え」〈秋声縮図

ふすぶ・る【×燻ぶる】

[動ラ五(四)]
炎を立てず、煙だけを出して燃える。いぶる。くすぶる。「蚊遣り火が―・る」
煙のすすで黒くなる。すすける。くすぶる。
「家の内は煤にて真っ黒に―・り」〈鉄腸・花間鶯〉
不平・不満を抱いたまま閉じこもっている。くすぶる。「田舎で―・っている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

燻ぶるの関連キーワード蚊遣り火焼け跡燻ぼる

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android