爆破地震学(読み)ばくはじしんがく

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

爆破地震学
ばくはじしんがく
explosion seismology

人工的に地震をおこし、地下構造を研究する学問。地球の中を探る手段のなかでもっとも精密な方法で、身体の中をみるレントゲン写真やCTスキャンのように、地球の中をみることができる。震源としては火薬が広く用いられていたために、爆破地震学の名がついた。しかし1980年代以降は、火薬を使うことによる環境や漁業への悪影響が指摘されたことや、他方、人工震源から出てくる地震波の波形や振幅を精密にコントロールすることが学問上たいせつになったことから、圧搾空気を使うエアガンや巨大な錘(おもり)を振り回して振動させるモーターなど、非火薬性で繰り返し可能な震源が広く使われるようになった。このため爆破地震学は、近年では制御震源地震学controlled source seismologyといわれることが多い。
 地震波の受信装置としては陸上や海底では地震計が使われるが、海中ではハイドロフォンという水圧を感じるセンサーが使われる。ただしハイドロフォンは水中の圧力変動を感じるものなので、水中は伝わらない地震のS波はとらえられない。
 調査したい深さによって、実験の規模にはいろいろある。小規模なものは、ダムや橋などの建造物をつくるときに地下数十メートルを探るものから、大規模なものでは、深さ100キロメートル以上を探るものまである。後者は、アメリカ大陸ではわずかに行われていたが、海底では、日本の地震学者が自ら開発した海底地震計を使って、1970年代に小笠原諸島沖の太平洋プレートが拡がる海底で初めて成功した。これは、約6000メートルの深海底に1000キロメートル以上の距離にわたって数十台の海底地震計を並べて、人工地震を行ったもので、海底にあるプレート全体の厚さにわたっての精密な地下構造を求めることができて、プレートテクトニクスの理解を進めることになった。[島村英紀]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の爆破地震学の言及

【人工地震】より

…自然現象としてではなく,地下や水中で火薬を爆発させるなどして人工的に起こされた地震のこと。これにより発生した地震波の伝わり方をもとに地下構造を調べるのが爆破地震学である。人工地震は自然地震に比べはるかにエネルギーが小さく,きわめて高感度の観測が必要であるが,その位置や爆発時刻を計画的かつ正確に設定できるので,精度のよい地下構造が推定できるという利点がある。…

※「爆破地震学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報