コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燦爛 サンラン

デジタル大辞泉の解説

さん‐らん【××爛】

[ト・タル][文][形動タリ]光り輝くさま。また、華やかで美しいさま。
「―たる美華と光輝を発すると同時に」〈秋水・社会主義神髄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんらん【燦爛】

栃木の日本酒。酒名は、飲む人が生き生きと光り輝いてもらいたいとの願いを込めて命名。吟醸酒、純米酒本醸造酒などがある。大吟醸酒は、2008年度全米日本酒歓評会で金賞受賞、平成19、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦玉栄、五百万石など。仕込み水は鬼怒川水系の伏流水蔵元の「外池酒造店」は昭和12年(1937)創業。所在地は芳賀郡益子町大字塙。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

燦爛(さんらん)

栃木県、株式会社外池酒造店の製造する日本酒。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんらん【燦爛】

( トタル ) [文] 形動タリ 
鮮やかに輝くさま。華やかで美しいさま。 「黒ずんだメルトン地を背景に-と耀かがやいてゐる/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

燦爛の関連キーワード関東信越国税局酒類鑑評会チアン・ウェン華麗なる遺産川之辺一朋モン ジー彫心鏤骨益子の炎虞美人草トタル栃木県爛燦灯花彩光眩耀火炉炳乎湧起

燦爛の関連情報