燦爛(読み)サンラン

デジタル大辞泉の解説

さん‐らん【××爛】

[ト・タル][文][形動タリ]光り輝くさま。また、華やかで美しいさま。
「―たる美華と光輝を発すると同時に」〈秋水・社会主義神髄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

さんらん【燦爛】

栃木の日本酒。酒名は、飲む人が生き生きと光り輝いてもらいたいとの願いを込めて命名。吟醸酒、純米酒本醸造酒などがある。大吟醸酒は、2008年度全米日本酒歓評会で金賞受賞、平成19、25、26年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦玉栄、五百万石など。仕込み水は鬼怒川水系の伏流水蔵元の「外池酒造店」は昭和12年(1937)創業。所在地は芳賀郡益子町大字塙。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

さんらん【燦爛】

( トタル ) [文] 形動タリ 
鮮やかに輝くさま。華やかで美しいさま。 「黒ずんだメルトン地を背景に-と耀かがやいてゐる/虞美人草 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android