牛伏寺(読み)ごふくじ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

牛伏寺
ごふくじ

長野県松本市内田にある真言宗智山(ちさん)派の寺。金峰山と号する。寺伝では聖徳太子のときに鉢伏山(はちぶせやま)に本尊を安置したのを開創としている。寺号の由来は、唐の玄宗(げんそう)皇帝から贈られた『大般若経(だいはんにゃきょう)』を牛車で善光寺に運ぶ途中、当寺の門前で牛が動かなくなり、使者が当寺に経巻を納めたという伝承による。1534年(天文3)中興の憲淳(けんじゅん)によって現在地に移築。現在の建物は江戸時代のものが多い。本尊十一面観音(かんのん)像および脇侍(わきじ)、釈迦(しゃか)三尊像などの仏像が国の重要文化財に指定されるほか、書跡、古文書など多くの文化財を蔵している。なお、本尊は「うしぶせ厄除(やくよけ)観音」といわれ人々の信仰を集める。[眞柴弘宗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android